スポンサーリンク

赤いナースコール考察!犯人はアリサ理由3選!伏線回収できない!?

ドラマ・映画
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2022年7月11日(月)より『赤いナースコール』がスタートしましたが早くも考察や犯人は誰なのか話題になっています。

犯人・黒幕はもしかしてアリサ?病院怖すぎる!伏線多すぎる!などかなり展開が気になるドラマですよね。

ネット上での考察や犯人予想などまとめてみました。

この記事でわかること

・赤いナースコールあらすじと結末予想

・赤いナースコール犯人はアリサ?

・怪しい登場人物紹介

・多くて伏線回収できない?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

赤いナースコール考察!

第1話のあらすじ

春野翔太朗と三森アリサは車でアリサの両親に挨拶に行く途中事故に遭う。

翔太朗は病院のベッドの上で目を覚ます。

一命をとりとめたが大けがで翔太郎は身動きがとれない。

一緒に事故に遭った恋人アリサは女性病棟の別室で病状を教えてもらえない。

アリサを心配するも医者に安静と言われ会わせてもらえない。

翔太郎の病室には、他に5人患者がいてナースコールを推すことに否定的。

患者のひとりに手助けしてもらいアリサの病棟に忍び込むがそこから殺人事件に巻き込まれていく!?

 

考察!結末はどうなる?

病院と殺人犯の犯人は何か利害関係がありそうだと予想。

◆病院は家族から帰宅を拒まれている患者を入院させ、しかるべきタイミングで退院といいつつ殺害する。⇒臓器が必要

◆連続殺人犯は殺害した後、身体の一部を持ち帰ることから被害者へ復讐をしている。


連続殺人事件の犯人と病院内で死んでいく患者は関係があると予想しています。

ドラマの中では「病院」「連続殺人事件」がカギとなっているようです。

現時点で考えられることは、

●病院の正体
・怪しい患者たち
・院長・医師・看護師が何か隠蔽している。
・ナースコールを押すと患者が殺される
・家族から帰宅を拒まれている患者

●連続殺人犯がサイコパス?
・殺害した人物の身体の一部分を持ち帰る
・持ち帰る部位がそれぞれ違う
・目的があって殺人を繰り返している

●連続殺人犯の殺人理由
・持ち帰った体の部位を何かに使う
・被害者に対しての復讐
・被害者の家族からの依頼

とまとめてみました。

「赤いナースコール」というタイトルからも、1話目で1人殺害されたことからも、ナースコールがなると1人殺害されるというストーリーになりそうです。

2話目では誰が殺害されるのか考察すると毎週ドラマが楽しみです。

 

赤いナースコール犯人はアリサ?

犯人はアリサという声

主人公である春野翔太朗(はるの しょうたろう)の彼女「三森アリサ(みもり ありさ)」が」犯人ではと予想している人もいました。

アリサが犯人だという理由

①主題歌「凝視」の歌詞

主題歌「凝視」の歌詞の中にはドラマのヒントや鍵が隠されていると主題歌を歌うみゆなさんが言っています。

なんとなく、歌詞を聴いていると彼女のアリサが犯人かも・・。(歌詞参照はこちら

 

②原作者・秋元康はバッドエンドが好き?

ネット上の口コミにありましたが、自ら被害者と見せかけた人物こそが犯人かも!という予想。

また、アリサの病棟に忍び込んだ翔太朗が「アリサから殺される」悪夢を見たのは犯人を示している?

 

③アリサの言動がおかしい

免許取り立てにも関わらず自ら運転をする。

手術後、翔太朗が会いたいというのに会おうとしない。

 

 

しかし、アリサは一緒に車に乗っていて運転をしていたのですが、自らもケガを負っていますよね。

他にも怪しい犯人と思われる登場人物が・・、次で紹介しています。

赤いナースコール全話見逃し再配信はparaviで↓
本ページの情報は2022年7月時点のものです。最新の配信状況は Paravi サイトにてご確認 ください。

 

 

赤いナースコール考察!犯人?登場人物まとめ!

春野翔太朗

主人公を演じるのはSexy Zoneの佐藤勝利(さとう しょうり)さん。

別室にいる彼女「アリサ」が心配で会いたくて仕方ない、持っていた携帯がないと不満気です。

腕も脚も大けがで一人では動くことができません

なので、、犯人ということはあるでしょうか・・・。

三森アリサ

主人公の彼女役を演じるのは福本莉子(ふくもとりこ )さん。

免許を取ったばっかりの自分の運転で事故に遭ってしまいます。

顔の右半分にもケガを負い包帯で巻かれてどのような状態になっているのか見ることはできません。

顔のケガのせいなのか、恋人の「翔太朗」に会いたくないといいます。

看護師・山根ミク

ベテラン?看護師役のべっきーさん。

ところどころ、怪しい印象をもつ看護師ですね。

恋人の「アリサ」の病状についても、同室の患者のプライベートについても頑なに話そうとはしません。

担当医・石原祐二

榎木田病院で翔太朗の担当医役をするのは板尾創路(いたお いつじ)さん。

翔太朗に「アリサ」会わせようとしない、看護師の西垣に筋弛緩剤をギリギリまで投与するよう指示するなど怪しすぎる。

患者①松井時雄:PCに打ち込む感じ悪い男

患者役の木村了(きむら りょう)さん。
始終Wi-Fiの繋がらない病室でパソコンに何かを打ち込む、翔太朗に対して感じ悪い患者。

313号室の中で一番入院期間が短い男であることは何か意味があるのか?

翔太朗になぜ感じ悪くするのか?

8月1日追記
第4話で自宅のベランダで物干しに干された状態で亡くなったところを発見されましたね。

ということで、この方も犯人の可能性が低くなりました

病状:腫瘍マーカーが高い
入院期間:3週間

患者②津田八郎:新聞を読む男

患者役の山本浩司(やまもと ひろし)さん。

主人公の春野翔太朗に最初に話しかけた隣のベッドの患者。

313号室の中では入院期間が一番長い患者。

8月29日追記
病院長に辞表を出した部下の遠山とトイレでコソコソ落ち合う。

「病院の不正」を暴くべく資料入手を遠山に命じていたことがわかった。

防犯カメラにまずいものが映っていたらしいと聞き、金になりそうだと、その元データの入手命じた。

お金が欲しいだけ?→犯人の可能性は低いと予想。
病院に恨みがある?→犯人の可能性が高くなると予想。

9月5日追記:第9話で遠山は何者かに殺害されてしまいました。

 

病状:腎機能障害
入院期間:6ヵ月

患者③滝中良一:窓の外をぼーっと見つめる男

患者役の橋本淳(はしもと あつし)さん。

翔太朗が彼女「アリサ」に会いに行く手伝いをしてくれる一見親切な患者。

トラックの運転手をしていて、奥さんが居て、入院中はコンビニで働いてくれていると話す。

しかし、翌朝急に退院したかと思えば、翔太朗のベッドの下で死体となって発見される。

第1話目から亡くなるということは、犯人ではないと予想。

病状:椎間板ヘルニア
入院期間:3ヵ月

患者④後藤田健斗:ドリルで計算する男

患者役の森田甘路(もりた かんろ)さん。

翔太朗に話しかけたり、同室の患者の中では優しそうに見える。

医者と看護師の会話から聞こえてしまったという「アリサ」の病室が4階の個室であることを知り翔太朗に伝える。

病院についてなぜかやたらと詳しいのが犯人候補かと思える。

9月5日追記
・第9話でまだ殺害されず生きている→犯人の可能性高い?
・アリサに自分が殺されたら1人でこの病院から逃げなさいと言った→殺されるかもと思っているのは犯人ではない?

 

病状:肝硬変
入院期間:4か月

患者⑤下塚半太:パズルをする男

患者役のお笑い芸人ラバーガールの大水洋介(おおみず ようすけ)さん。

「ナースコールを押すのか?」とイヤそうに翔太朗に詰める患者。

7月18日追記
第2話目のラストで殺害されたので犯人ではないと予想しました。

便器に顔を突っ込んだ状態で発見されるも顔は切断されているというなんともホラーなラストでしたね。

 
病状:眼窩底骨折・肋骨骨折
入院期間:2ヵ月

院長・榎木田誠

榎木田病院の院長役を演じるのは鹿賀丈史(かが たけし)さん。

「アリサ」が目覚めた時に病室にいて、病状を細かく説明する。

翔太朗が会いたいと言っていることは伝えるが、内心会わせたくないという印象に見える。

西垣小百合

新人看護師役を演じるのは浅田美代子(あさだ みよこ)さん。

どう見ても歳をとっていて21歳に見えないのに、何度歳を聞かれても『21歳』と答えるベテラン風新人看護師。

担当医や、先輩看護師に従う新人らしい看護師。

※西垣は病院長の元嫁ということがわかっています。
・病院長に何らかの理由でスパイとして病院に潜り込んでいます。
・「21歳」と言っていることには重要な秘密がありそうです。

 

刑事・工藤文世

刑事役を演じるのは池田鉄洋(いけだ てつひろ)さん。

免許取りたてのアリサに運転させたことに怪しいと詰める。

刑事らしからぬ服装(アロハシャツにベレー帽)で登場し直感で動くしつこそうな刑事。

最初から翔太朗が追っている連続猟奇的殺人事件に関係していると疑う刑事。

刑事が犯人というシナリオもありそうだが第1話の時点では犯人という印象がない。

8月29日追記
・第8話のラストで病院長の母をトラックでひき殺した運転手に刺される

刑事・加藤桜

女刑事役を演じるのは堀口紗奈(ほりぐち さな)さん。

刑事・工藤の相棒で、感じはよさそうだが工藤の言いなりで動いている。

犯人としては一番怪しくない立ち位置に見える気がする。

8月15日追記
やはり予想通り、加藤刑事は犯人からは外して良いでしょうね。

第6話で棺桶に閉じ込められ、焼き場に入れられ、炎に包まれたところでラストを迎えました。

「助けて」と叫ぶ様子が映し出され悲惨な形で殺害されました。

 

 

赤いナースコール病院ロケ地はNTT中央研修センタ!目撃情報も調査!

赤いナースコール病院ロケ地はNTT中央研修センタ!目撃情報も調査!
「赤いナースコール」ロケ地撮影場所はどこ?病院のロケ地はNTT中央研修センタ!どのシーンで使われているなど画像もアリ!アンサング・シンデレラやラジエーションハウスでも利用されていたロケ地。そのほかの施設や目撃情報も調査しています。

 

赤いナースコール伏線回収できない!?

第1話だけでもかなり伏線と思われる事柄が散りばめられていると思いました。

伏線ではないかと思う事項をまとめてみました。

・事故の相手側について語られないのはなぜ?
・なぜ患者はナースコールに怯えているのか?
・ドラレコがオフだったのはなぜ?
・西垣看護師が21歳という設定は何?
・アリサはなぜ個室なのか?
・アリサが翔太朗に会わない理由
・病棟にいた女の子とサルのおもちゃ
・アリサの病室にいないのはなぜ?
・アリサの病室にいたおばあちゃんは誰?
・滝中はなぜ/誰に殺害されたのか?
・滝中がスマホを持っていたのはなぜ?
・翔太朗のスマホはいつ奪われた?
・滝中の身体が切断されていた理由や切断部位について
・殺害されていく順番?
・なぜ翔太朗を犯人に仕立てようとするのか

 

伏線なのではないかと思う事項をまとめてみましたが多すぎて回収できないのではないかと予想しました。

第2話以降もかなりの伏線かもと思われる内容が散りばめられているのではないかと予想しています。

まとめ

この記事では「赤いナースコール考察!犯人はアリサ理由3選!伏線回収できない!?」というテーマでお伝えしています。

ネット上でも犯人は誰か、結末など考察が繰り広げられ、自らもケガを負っているアリサが犯人ではという声もありました。

また、他にも犯人と思しき怪しい人物が、、、というか全員怪しく見えてしまうようなドラマになっているという、これは最後でどんでん返しパターンのドラマなのか。

伏線らしき事項が多すぎてなかなか真相がつかめなさそうなドラマですよね。

来週以降も楽しみです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラマ・映画
スポンサーリンク
ekosmile2をフォローする
eko blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました