スポンサーリンク

YouTuberおろちんゆーの素顔や経歴・年齢などを詳しく解説!2023年現在の人気動画も!

未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク

YouTuberおろちんゆーさんをご存知ですか。

生物系・料理系?のYouTuberとして話題を集めています。

自然の中で虫やカメ、魚などを捕まえては料理して食すという、驚きの生態を持つのYouTuberおろちんゆーさんの素顔経歴・年齢などを詳しく解説していきます。

2023年時点で、これまでに話題となった人気動画もチェックしておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

野生児全開ながら洗練されたイメージ

ゲジゲジやカマキリを捕まえて食べたり、カメを解体して食したりと聞くと、どんな野蛮な人なんだろうと思えてきます。

やっていることは極めて野生児ですが、動画に映っている印象はスラリと細身でスマートで、その時のシチュエーションにもよりますが、服装もおしゃれで洗練された印象です。

顔は出さないのですが、お料理する際に見える手も細くてきれいで、指先がスッと伸びており、エレガントな印象さえ与えるのが不思議です。

YouTubeのチャンネル登録者数は2022年11月時点で150万人となっていますが、

女性ユーザーの中では、かなりのイケメンではないか、ルックスが素敵と話題になっています!

素顔が見られないのは残念ですが、逆に想像が膨らみますね

謎のままのほうがいいのか、でもやっぱりいつかはイメージと同じか確かめてみたいものです。

年齢も非公表

おろちんゆーさんはいったい何歳なのでしょうか。

年齢も非公表ですし、YouTuberとして活躍する以前の経歴や現在YouTubeをしている時以外、どんなことをしているのかも謎に包まれています。

動画の中でのトークから、興味あるユーザーは推測をしています。

たとえば、実家で飼っている猫はおろちんゆーさんが小学校3年生の時に拾ってきたとのことです。

その動画を投稿した時に、猫が13歳と言っていたので、小学校3年生を9歳として、13年経過しているとすると、22~23歳かなというものです。

実際にスレンダーな体型や指先のきれいさを見ても、年齢を重ねている印象はないので、20代前半から25歳前後の年齢なのではないでしょうか。

気になる学歴

YouTuberのおろちんゆーさんが、平気で自然界に入って虫や野生の植物、カメやら魚介類やらを捕獲して調理して食べることができるのは、食べても大丈夫という知識があることや解体法や食べる方法などの知識も技術もあるからです。

おそらく、何も知らない人がやったら、お腹を壊すことや毒があれば中毒になって死のリスクさえあります。

目立ったトラブルも起こさず、平気で行っているところを見ると、かなりの知識などがあると推測できます。

学歴や経歴も非公表ですが、動画の中のトークで、浪人経験があることやコオロギをテーマにした卒論を書いたといった話がなされていました。

このことから、どこかの大学の理系学部で生物学科とか農学部系の学歴があるのではと推測されています。

2023年現在の人気動画

人気YouTuberのヒカキンさん、ほかのYouTuberとコラボした動画もバズってますが、ここではおろちんゆーさん中心の動画をセレクトしてみました。

「湖で”ダイヤモンド”を発見した。」

約1,717,730回視聴(2022年11月時点)
ヤフーニュースにも取り上げられた話題の動画です。
ダイヤモンドとは何でしょうか。

「ガサガサしてたらハトとれた」

約6,061,200回視聴(2022年11月時点)
再生回数がすごいです。
ハトの行く末をご確認ください。

「釣った巨大ウツボを焚き火に放り込む料理」

約5,705,470回視聴(2022年11月時点)
こちらも再生回数がすごいです。
グロテスクな見た目のウツボが焚き火に放り込まれるとどうなるのか、興味津々です。

「ゲジゲジをアヒージョにして食べてみた」

約3,206,950回視聴(2022年11月時点)
あのゲジゲジを食べるというあまりに衝撃的な映像です。

番外編 これがうちのニャンコ【旅ちんゆーPart1】

約1,894,150回視聴(2022年11月時点)

こちらは、ちょっぴり癒されるでしょうか。

おろちんゆーさんの年齢を推測させてくれた、猫ちゃんの動画もご覧ください。

まとめ

虫や野生の植物、自分で捕獲した魚介などを解体して調理して食べるというYouTuber、おろちんゆーさんの素顔や年齢、学歴や経歴は一切明かされていませんが、投稿された動画をもとに推測してきました。

2023年現在の人気動画も紹介してみましたので、チェックしてみてください。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
未分類
スポンサーリンク
ekosmile2をフォローする
eko blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました