スポンサーリンク

【2023年最新】高還元率のクレジットカード5選

お得な情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク

オンラインショップなどの利用が増え、飲食店やコンビニでもキャッシュレス決済が当たり前になり、クレジットカードを利用する場面が増えてきました。

公共料金やスマホ料金などの支払いにも使えるので、ポイントの還元率が高いほどお得になります。
クレジットカードを選ぶならできるだけ高還元でお得なカードを持ちたい方に、人気のある高還元率のクレジットカード5選をご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

■三井住友カード(NL)

三井住友カード(NL)は年会費が高いイメージの三井住友カードの中でも、年会費永年無料で使えるVISAカードです。

世界的にもステータスが高く、幅広いお店で使えるので安心できます。

利用金額200円(税込)につき1ポイントが、Vポイントとして付与されるので、還元率は0.5%です。
Vポイントは、貯まったポイント数に応じて、景品やマイルやギフトカード、他社ポイントに移行できるポイントになります。
還元率0.5%ではちょっと物足りないかもしれません。

ただし、オンラインショッピングなら、ポイントUPモール経由でのお買い物でポイント+0.5~9.5%還元が受けられます。

そのため、サイトによっては多くの還元が得られます。自分がよく使うサイトをチェックしてからクレジットカードを選ぶことで多くの還元が見込めます。

また、対象のコンビニ・飲食店でVISAのタッチ決済またはMastercard®コンタクトレスで支払えば、通常のポイント分を含んで5%のポイント還元があります。

事前に好きなお店を登録しておくと+0.5%還元となるので、最大10%還元が可能です。

3店まで登録できるので、よく利用する対象店舗を登録するのがお得になるカギです。

学生ポイントの対象会員の場合、

・対象のサブスク決済で最大10%

・携帯料金の支払いで最大2%

・QRコード決済(LINE Payのチャージ&ペイ)の支払いで最大3%ポイント

の還元が受けられるので、学生さんにとってはよりお得と言えます。

クレジットカードの三井住友カード
安心と信頼のクレジットカードは三井住友カード。クレジットカードのインターネット申し込みはこちらから。クレカライフをサポートする三井住友カードでは、ETCカードやポイントサービスなど、メリットいっぱいのキャンペーンやサービスをご利用になれます!

■リクルートカード

リクルートカードも年会費は永年無料です。

ショッピング利用金額に対して1.2%と高還元率を誇ります。

さらに、「じゃらんnet」や「ポンパレモール」といったリクルートの対象サービスを利用した際は最大3.0%のリクルートポイントが貯まります。

貯まったポイントはリクルートポイント対象サービスの旅行の予約や買い物に使うことが可能です。

登録型リボを利用すると、最大10万円まで手数料がかかりません。

冠婚葬祭などで突然の出費にも対応することがでいるので、もしもの時のために持っておいても良いと思える1枚になります。

【Recruit Card(リクルートカード)】リクルートのクレジットカードは年会費永年無料!ポイント還元率1.2%!!
年会費永年無料!ポイント還元率1.2%のリクルートカード。お得にポイントがたまる・つかえる!!カード付帯保険も充実。更にお得なキャンペーンでポイントがどんどん貯まるクレジットカード、リクルートカードのお申込みはコチラ。

■ファミマTカード

ファミマTカードも年会費無料です。

200円(税込)につき1ポイントなので、還元率は0.5%です。

Tマネーの月間の合計利用金額に対して、Tポイントが500円(税込)につき1ポイント別途付与されます。
使う金額が多くなるほど、ポイントが加算されます。

会員限定割引として、対象のトラベル利用で請求時最大8%割引が受けられる特典も見逃せません。

ファミリーマートを含むさまざまなお店でクレジットカード決済ができるほか、TSUTAYAレンタル会員証としても使えます。

ファミマTカードトップ | ポケットカード株式会社
ファミマクレジットのホームページ。ファミリーマートで使えるTポイントが貯まるクレジットカードを発行。入会申込み、ネットサービスはこちら。

■JCB CARD W

JCB CARD Wは入会資格が18~39歳限定です。

39歳までに入会すれば、年会費は永年無料になります。
還元率は1.00%と、100円(税込)あたり1ポイントなので高い還元率です。

特典として、東京ディズニーランド(R)、東京ディズニーシー(R)のパークチケット(ペア)が当たるキャンペーンやイベント招待などがありますが、あくまでも抽選です。

クレジットカードブランドの発行しているカードということもあり、安心してお使いいただくことができます。

高いポイント還元率、年会費無料のJCB カード W!|クレジットカードのお申し込みなら、JCBカード
高いポイント還元率のクレジットカードなら、JCB カード W、JCB カード W plus L。ポイントは常に2倍以上、年会費無料のクレジットカードです。ご入会はWEB限定、39歳まで。

■エポスカード

エポスカードは年会費永年無料で、オンラインのほか、マルイの店舗窓口やマルイ内にある各ショップなどでも入会可能です。

入会特典として2,000ポイントが付くことや入会と同時にポイントが付いてお得に買い物ができるため、マルイのショップ店員さんの案内で入会される方が少なくありません。

ポイント還元率は、200円(税込)ごとに1ポイントで、還元率は0.5%となっております。

ただし、ポイントアップショップ「たまるマーケット」経由でネットショッピングをすれば、2~30倍のエポスポイントの獲得が可能です。

また、「魚民」や「笑笑」などの居酒屋をはじめ、映画館やカラオケ、スパ、美容院、フィットネス、各種ショッピング施設での利用をはじめ、遊園地や水族館の入場料、舞台やライブのチケット購入など全国10,000店舗以上で優待割引などが受けられます。

■まとめ

 

通常利用時の還元率だけで比べると、リクルートカードが最も高いです。

もっとも、ほかのカードも利用の方法によってはさらなるポイントアップが可能です。

自分がよく利用するお店、ネットショッピングの対象店舗と利用頻度などを踏まえ、どのクレジットカードが最もポイントが貯まりそうか検討してみましょう。

どのカードも年会費は無料で、入会金、解約手数料などもかからないため、気になるカードを試してポイントの貯まり方を検証してみるのもありです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
お得な情報
スポンサーリンク
ekosmile2をフォローする
eko blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました