スポンサーリンク

マイファミリー小春ちゃん生きてる?どうなった?会えたの意味は?

ドラマ・映画
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2022年6月12日に最終回を迎えた「マイファミリー」、犯人は富澤たけし演じる吉乃栄太郎ということで多くの人が予想・考察していたとおりでしたね。

物語の要である5年前の「小春ちゃん」誘拐事件の真相、その後どうなったのかドラマでは直接的に小春ちゃんについて詳しく語られていません。

そこで、小春ちゃんは生きているのか?どうなったのか?

東堂が元妻・亜希に言った「会えた?」の意味はなんだったのかドラマを振り返りながらまとめています。

この記事でわかること

・小春ちゃんは生きてる?

・小春ちゃんはどうなった?

・小春ちゃん誘拐事件の真相まとめ

・東堂の「会えた?」の意味

・東堂の「会えた?」についてネットの反応

スポンサーリンク
スポンサーリンク

マイファミリー小春ちゃん生きてる?どうなった?

マイファミリー小春ちゃん生きてる?どうなった?

「マイファミリー」東堂の子供’’小春ちゃん’’は生きてるのかについて、小春ちゃんはすでに亡くなっています。

ドラマの中では、直接的に’’小春ちゃん’’について「亡くなった」という言葉は使われていないですが、玉木宏演じる葛城刑事が

「心春さんと同じように実咲さんをどこかに遺棄して」

と温人に吉乃の供述を伝えているシーンがあります。

 

なので、吉乃が小春ちゃんを遺棄したということが最終回でわかり、小春ちゃんは5年前にすでに亡くなっていたことが判明しました。

 

マイファミリー小春ちゃんなぜ誘拐?

最終回では吉乃が犯人だということがわかりましたが、小春ちゃんがなぜこのような形で遺棄されたか流れをまとめました。

5年前の小春ちゃん誘拐事件の真相

①小春ちゃんが吉乃と母親・東堂亜希の不倫を知る

②小春ちゃんが不倫の証拠画像を吉乃に見せ母親に会わないことを要求

③両親の離婚を回避したい小春ちゃんが吉乃に狂言誘拐を依頼する

④吉乃が無理やり小春ちゃんの証拠画像がある携帯を奪った拍子に小春ちゃんが階段から転落

⑤吉乃は家族に知られることを恐れ小春ちゃんを遺棄

⑥吉乃が「報道協定」を縦にして事件を風化させるため営利誘拐をしかけた

⑦誘拐時の「遠足で言った場所」を当てさせるアイデアは小春ちゃんが作った「ゆうかい計画書」にあった

⑧東堂の元妻・亜希のアリバイ供述が二転三転していたのは証言しないよう吉乃が説得していたから

⑨亜希は吉乃が犯人だと知らないまま娘が誘拐されていた時に浮気をしていた自分を責め姿を消す

⑩吉乃は亜希から「小春のところにイキマス」というのを自殺すると解釈し事件は終わったと安心した

 

まとめると、以上のことが5年前に小春ちゃん誘拐事件の真相ということになります。

小春ちゃんが誘拐事件の計画書を作ったなんて驚きですよね。

吉乃に小春ちゃんへの殺意はなかったものの、結果的に小春ちゃんを殺害してしまったということになってしまったわけです。

 

ドラマ「マイファミリー」全話をparaviで見よう!!

本ページの情報は2022年7月時点のものです。最新の配信状況は Paravi サイトにてご確認 ください。

 

マイファミリー小春ちゃん「会えた」の意味は?

小春ちゃんに「会えた」の意味は?

警察に拘束され留置されているところに三輪が東堂の元妻・亜希を連れていきます。

その時に東堂が亜希に「小春ちゃんに会えたのか」と聞くシーンがあり、亜希が泣きながら首を何度も縦に振ります。

これは東堂が小春ちゃんはすでに亡くなっていることが分かっていて、ご遺体と会えたのかという意味だったと思われます。

実際亜希のスニーカーやズボンが土で汚れていて、現場に立ち会ったと思われるからです。

ということで、亜希がご遺体と対面後に東堂の面会に向かったということが分かります。

マイファミリー小春ちゃん「会えた」のネットの反応

ネット上では、この東堂夫妻の小春ちゃんに会えたのか?というやり取りに「もやもやする」「切ない」「しんどい」などの声が上がっています。

 

 

鳴沢家の第二子の誕生と、東堂夫妻の小春ちゃんの生死についての描写が交互になっていたことにもすごいという声がありました。

まとめ

この記事では、「マイファミリー小春ちゃん生きてる?どうなった?会えたの意味は?」と題してお送りしました。

最終回は吉乃が犯人ということが分かり、東堂元妻・亜希と浮気していたこと、小春に知られてしまったこと、心春さんは既に遺棄されていたことが分かりました。

そして、亜希さんはまだ生きていて心春さんに最後に対面できたということもわかりました。

最後までご覧いただきありがとうございます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラマ・映画
スポンサーリンク
ekosmile2をフォローする
eko blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました