さよなら絵梨はつまらないし微妙?面白い?感想や評判まとめ!

トレンド・ニュース
スポンサーリンク

藤本タツキ待望の新作『さよなら絵梨』をみなさんは読みましたか?

4/11(月)0時よりジャンプ+にて配信されましたが、200ページ長編読切マンガということでまだ読んでない方も多いかもしれません。

既に、さよなら絵梨はつまらないのか、微妙や面白いの?と話題になっています。

そこでこの記事では『さよなら絵梨はつまらないし微妙?面白い?感想や評判まとめ!』というテーマでお送りします。

スポンサーリンク

さよなら絵梨はつまらないし微妙?という感想や評判まとめ!

藤本タツキ先生の「さよなら絵梨」について、読者からはつまらないというより、微妙という反応が多いような印象を受けました

 

長編で読みづらいという読者もいました。

確かに読切とはいえ、200ページを一気に読もうとすると気合が必要ですよね!

藤本タツキ先生の作品についてよく知っている読者は、

この作品が微妙やつまらないなどと言う感想を持つ人が多いだろうということが予測できてるんですね。

 

つまらないとは一概に言えず、『微妙』という言葉の方がしっくりくるのかもしれないという感想をお持ちの方が多いように見受けられました。

 

藤本タツキ先生のどの作品から読むかによって、感想が変わるというのは面白い意見ですね。

確かに、最初に読んだマンガは印象的なはずですから、それと比べてしまう事は大いにありそうです。

 

◆◆ネタバレに近い感想・評価◆◆

 

さよなら絵梨は面白いという感想や評判まとめ!

藤本タツキ先生の作品は読者によって受け取り方がかなり変わるのでしょうか。

そして「さよなら絵梨」は理解するのに難しいマンガなのでしょうか。

マンガについての感想を「微妙」「つまらない」と言っている人に対して、

面白いと思ている方々は、理解できていないのでは?という評価をしているようです。

 

面白いという言葉では言い表せないという、読んでよかったと思いつつも他人に勧めるかというと

難しいという複雑そうな作品な気がしてくるのは私だけでしょうか?

逆にそんな風に言われると読みたくなってしまうかもしれませんね。

 

面白いという人は、長編でも読み直したりしているようですね。

よかった、面白かったという人は、藤本タツキ先生の世界観にハマっている人のような気がしました。

 

前作でも話題になった藤本タツキ先生の「ルックバック」

「ルックバック」よりよかった、面白かったという人が多い印象でした。

前作より良かったと言われると読みたくなってきませんか?(笑)こちらから読めます↓↓

 

まとめ

この記事では、藤原タツキ先生の最新作・長編マンガ「さよなら絵梨」について

面白い、つまらない、微妙という口コミがあったのでまとめてみました。

ネタバレは見たくないけど、長編なので評判を見てから読もうかなと思っている方々の読んでみようかどうかの参考になればうれしいです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました